「機内快適宣言」6時間移動用

「機内快適宣言」足の健康を守る

「機内快適宣言」6時間移動用

詳しく

商品の詳細をご覧になりたい方

ご購入は

大手通販サイトでもお求めいただけます 

エコノミークラス症候群

サイレントキラー「血管事故」とは「血管が詰まる病気」

長時間の移動には快適ソックスをお試しください。 「機内はハイリスクな場所。」

「健康な血管」を維持して、サイレントキラー「血管事故」から 身を守る習慣。

icon20

飛行機移動のビジネスマン

長時間の移動は体力を消耗し、体調不良を起こすことも。時差やホテル滞在は睡眠不足や疲労の蓄積も起こります。

icon18

健康不安のあるシニアの海外旅行

狭い座席で長時間同じ姿勢をとることは足に負担がかかり危険です。持病や手術歴のある方は健康ケアが必要です。

icon3

タクシー・トラック運転手

一日中、車内で過ごす足にムクミが気になる方はフットケアが必要です。

「頭痛」「耳鳴り」「足のむくみ」「悪酔い」を経験したことはありませんか?。

飛行機内は決して快適な場所とは言えません。

 

低酸素・低気圧・狭い機内でじっとしていると

 

機内は「地上の3倍」酔っ払いやすい!気圧が低い

機内でお酒を飲むときの注意点

水分は地上より多めに摂取した方が良いと言われますが、アルコール類に関しては真逆です。

機内の気圧は地上の8割程度、富士山の5合目くらいの気圧です。

そのためアルコール分解速度が遅くなり酔いが回りやすくなるのです。

機内という非日常の雰囲気、旅行という解放感によってお酒が進みやすいのでさらに要注意。

「いつもこれくらい飲めるから」という感覚でいると酔いつぶれ、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。

機内では健康ケアが必要です。

気圧の変化や極度の乾燥 低酸素状態や血行不良など 長時間のフライトには事前の健康ケアが必要です。

飛行機内の飲酒 百害あって一利なし(日経ヘルス記事引用)

 

 

 

狭い座席での対策 運動・ソックスの着用・水分補給

2時間に一度は全身のエクササイズ・足の血管ストレッチを行い。血液の流れを促す。マッサージや足を揉むのも効果的。

狭い機内(足をスッキリさせる靴下)

足トラブル(足をスッキリさせる靴下)

 

 

DVTのリスク